sakura44のブログ

鳥ってこんなに可愛かった🌟
セキセイのあんこちゃんとはなちゃんと我が家の日々を綴っています🍀

別れ

23日夜はなちゃんは亡くなりました。

食欲は減退していたけれど、今朝まではちゃんと食べていました。今日の夜のご飯があまり減っていなくて心配していたら、夜6時ごろには床に落ち動けなくなっていました。手に抱いてみたら最後の力を振り絞って逃げようとする素振りを一度だけ見せましたが、鳴くこともしませんでした。




23日の昼間の最後の写真です。

まだ自力でよじ登りふらふらしながらも餌を食べようとしていました。


別れはいつも悲しいです。

はなちゃん最後まで頑張ってくれてありがとう。

大好きだよはなちゃん。

今日のはな

あれから、ホルモン剤をやめてみたりしましたが、獣医さんに電話をして相談したところ、抗生剤を1種類やめて、ホルモン剤を続けた方がいいとの指導をいただいたので、試してみたところ、お腹の腫れは治まらないけれど食欲は戻ってきたので、落ち着いてきました。



お腹が重いはなちゃんは飛ぶとこができなくなったので、止まり木を低い位置に付け直したりして、自力で登れる高さにしてみました。


鳥は高い場所が好きたけれど、落ちると怪我をする可能性があるので。


少し元気を取り戻しました(`•∀•´)✧

明け方小さく鳴いた

最近のはな


鼻づまりの具合はしばらく変わっておらず、変わらず6種類の薬を飲ませています。

その他に卵巣が腫れているので今は一日3回1敵づつホルモン剤を飲ませていますがお腹の腫れは膨らむばかりで、体重も5グラムも増えてしまいました。

お腹が腫れて苦しいようで、息があがっています。そして土曜日2日前から食用欲も減退していて1日2グラム程しか食べなくなりました。


今日はこんな風に膨らんでいていかにも体調が悪そうで心配です。


2週間ほど前に病院でお腹のエコーをとりました。卵と思われる丸いものが4個ぐらいとその周りに水が溜まっているとの事で、利尿剤も飲ませたのですが、効かなかったのですぐに利尿剤はやめました。




夕方の放鳥では私の腕の上で目をつぶっています。


いつも掴んで薬を飲ませているせいで手を怖がっていましたが、最近はカキカキさせてくれるようにもなりました。

お腹が苦しいから助けを求めているかのように感じています。


いつも朝方あかるくなるまでは一声も上げないはなが、今朝方3時半頃トイレに起きると、はなが小さくピヨと鳴いたのです。

その時はなんとも気にしないでいたけれど、今思うと、お腹が苦しくて私を呼んでいるのかなと思いました



病院では、ホルモン注射をしてもらうとお腹の腫れも引いて発情も治まったのですが、このコロナの影響で、注射は発注しても入ってこないそうで、今は飲み薬に代えていますが、この薬も飲まないよりはいいと言うのです。


もしも命が短いのなら、何とかこの毎日飲む薬の負担だけでも減らしてあげたい。けれど、どの薬を減らしていいかもわかりません。


今日は病院に行こうかとも考えましたが、他に治療法は無いと言われているし、痛み止めの注射をするしか無いのかと思うと、病院に行くのは私自分が安心するだけで、はなにとっては可哀想な事だと思い行かないことにしました。


う◯ちは水っぽいけれどちゃんと出ているようです。


今はご飯を食べて寝かせました。

また明日ねはな